ミニシュナ Lovers!!

飼い主と愛犬の成長日記

カテゴリー "知ってもらいたいこと" の記事

【訂正有】ウチの近所で飼い犬のダックスフンドが連れ去られた話

・・・愛犬家のみなさま、どうもすみません。

いきなり謝罪から入りましたが、この記事、とっても大事な部分が間違っておりました!!なんと、連れ去られたのは、ダックスではなく、トイプードルだったとな!?

実は、厳密に言うと、最初にこの話を聞いてきたのは私ではなく、夫だったのです。犬種に疎い夫は自信たっぷりに「ミニチュアダックス」と言っていたのですが、後日、詳細を聞こうと情報源のお友達に話を振ってみたところ、「ダックス?トイプーじゃなくて?」と言われました。

今日夫に確認すると、「あ。それだ」ですってぇぇぇぇええ!!!

ちょっと!!いっこもカブってないじゃないのさ!!

他のお友達にも、病院の先生にも「ダックス」って言っちゃったじゃないのさ!!

どーしてくれるのよーーーーー!!

と、いうことで、こちらのブログでも訂正させていただきます。以下、ダックスの部分をトイプーと置き換えてお読み下さい。

追記ここまで ーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛犬家のみなさま、こんにちは。

眠いのに新作服のモデルをさせられて、ご機嫌ナナメの花ちゃんw
うだうだ 
頭にゴーグルを乗せているのですが、分かりづらいですね。
日差しが強い日や、風が強い日のお散歩の際、愛犬の目を守ってくれます。

【楽天】

今日は、ワンコ友達に衝撃的なお話しを聞き、これは是非、みなさんにも注意してもらわねば!と思ったので、久々の更新です。

ウチの近所に、とても広い芝生の公園があります。
以前記事に出てきた、お財布を盗まれそうになった公園(過去記事)とはまた別の、直線で100m走は軽くできるぐらい、都心の住宅地にはとても有り難い広々とした公園です。

その公園の脇に、たまにしか車の通らない二車線の道路があります。

そこの歩道で、ミニチュアダックスフンド トイプードルを連れていたお母さんが、若い女性に声を掛けられました。「かわいいですね。」と言って愛犬を撫でてくれ、「抱っこしても良いですか?」と聞かれたので、あまり深く考えずに抱っこしてもらったそうです。

すると、後ろから車が近づいてきて二人の側に止まり、なんと、女性は愛犬を抱っこしたまま走ってその車に乗り込み、あっという間に走り去ってしまったそうです。

愛犬家として、許せません。

連れ去られたダックス トイプーのコは、突然知らない人に知らない場所に連れてこられ、きっと不安な思いをしているでしょうし、ご飯だっていつもと違うので、ちゃんと食べられていないかもしれません。

そもそもそんなことをする人たちに、犬を飼う環境が整えられるとは思えません。病気にでもなったら、簡単に捨ててしまいそうです。

状況から考えて、犯人はきっと、何度か下見をしていたのではないかと思います。人通りや車が多くない場所であること、小型犬であるダックス トイプーが散歩している時間、通る道などを把握していたからこそ、ちょうど良い位置で女性が待ち伏せて話しかけ、後ろから車で接近し、走り去ることができたのではないでしょうか。

そして、何度か下見をして準備ができるぐらい、また、ダックス トイプーの散歩の時間を把握できるぐらい、近くの距離に住んでいる人の犯行のような気がします。車道と歩道の間にはところどころガードレールがあるので、ちょうど切れ間を狙って車が横付けできる位置で話しかけたのでしょう。

おそらく、男女のカップルで犯行に及んだのだと思います。

私も花ちゃんと一緒によく通る道なので、もしかしたら下見のときに観察されていた可能性もあります。その公園にはほぼ毎日行っているのですが、ウチは散歩の時間も公園に着くまでの行き方も日によってバラバラなので、狙われなかっただけかもしれません。

近所で起こった事件なので、私はこの話しを聞いたとき、まず、自分が当事者になってしまった場合、どのように対処するか考えました。

瞬時に車のナンバーを確認し、できればスマホで撮影。小さくても警察に通報して見せれば、車種などから犯人が割り出せるかもしれません。このとき、とっさに動くことができるかどうかで、犯人が見つかる可能性が大きく変わってしまいます。

次に、区内のマイクロチップを扱っている動物病院に連絡をし、愛犬の特徴とナンバーを知らせる。マイクロチップを扱っている動物病院ではナンバーを読み取るリーダーもあるはずなので、初診で疑わしいワンコが来たら、読み取ってもらうよう依頼する。

初診で成犬のコが来たら、今までよその病院にかかっていたか里親になったかだと思うので、愛犬と同じ犬種で、マイクロチップが埋められているかどうか分からないと答えた初診の飼い主さんには、読み取りをしてみましょうと言ってもらえば良いと思います。

念のため、区内と、隣接する区の保健所にも連絡。登録番号とマイクロチップのナンバーを知らせる。

そして、SNSを使ってできるだけ多くの人に情報を拡散する。

私が考えついたのはこれぐらいですが、前記事の災害の話と同じで、事前に想定しているのといないのでは、いざというときの対応がまったく違ってきます。

私はこの話を聞いたことによって、見知らぬ人に抱っこさせて欲しいと頼まれても、簡単に愛犬を自分の手から放してはいけないということを学びました。これから知らない人に頼まれたら、愛犬は抱っこが苦手なので・・・と言おうと思います。断り切れないときでも、せめて、リードはいつもしっかり握っておくようにします。

また、スーパーなどでちょっと買い物していた隙に、つないでいた犬が誘拐にあってしまったという話もよく聞きます。大型犬でも油断できませんが、簡単に連れ去ることができる小型犬の飼い主は、より気をつけないとですね。

今回事件に遭ってしまったお母さんとは面識がなく、直接お話しを聞くことも慰めることもできませんが、ワンコ仲間を通して伝わってきたこのお話、私もできるだけ多くの人に聞いてもらおうと思います。そして、本当の飼い主さんの元へ、無事に帰ることができるよう祈っています。

早くお家に帰れるといいね・・・
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

   

★応援してくださる方は、↑の花ちゃんとその下2カ所を1日1回ずつクリックしていただけると、ランキングの順位が上がって更新の励みになります。同じ日に2回以上クリックしていただいても、1回分しか反映されませんのでご注意ください。いつも読んでいただいてありがとうございます!!

【楽天 ペット用 救急用品 人気ランキング】
スポンサーサイト

私が愛犬のお散歩コースと時間を決めない理由

愛犬家のみなさま、こんにちは。

先週マザー牧場から帰宅してから、風邪を引いてしまいましたー。
最初はのどが痛い程度だったのですが、翌日から熱、頭痛、咳、鼻水のオンパレード (´Д`lll) 今ものどが腫れ、咳をしながら書いてます・・・。

あ、風邪の時に出る痰って、ウィルスと戦った白血球の残骸って知ってました?
普段は出てこないのに、風邪の時の痰って、なんでこんなに出るんだろう?と思って調べたんですけど、できるだけ体外に出したほうが良いそうですよー。みなさまも風邪にはお気を付け下さい。

遊んでる途中で、電池切れになった花ちゃんの図 ↓
急に疲れるのか、たまにピタッと動きが止まることがありますw
電池切れ 
さてさて、我が家では、花ちゃんのお散歩デビュー時から今まで、お散歩コースも時間もバラバラにしてきました。

理由は、決まった時間に行けないときに騒がれたら困るということと、災害時などに迷子になっても自力で家にたどり着けるように・・・との思いからです。

シュナウザーは、決められた時間やルールを守るのが得意で、逆に言うと、決められたことが守られないとストレスが溜まるんだそうです。

そのため、ウチではご飯の時間もアバウトにしています。

ネット情報などでは、シュナウザーは頑固だと言われることが多いですが、一度覚えたことを変えるのが難しいというだけで、とっても素直なお利口さんだと思います。

花ちゃんは毎日2時間強のお散歩をするので、迷子になって1〜2時間ぐらい彷徨ったとしても、ちょっと歩けばすぐに知っている道に出られるぐらいにはなっていると思います。

現在のマンションを購入したのは3.11前の2010年でしたが、あらゆる災害を想定して場所を決めました。目の前の建物は100年以上建っているそうなので、地盤の硬さも折り紙付きです。

こちらの→ 洪水マップでは、波の高さが何mで自宅が水没するかが分かります。

左上で海抜の高さ指定ができ、右下の+をクリックしていくと自宅の大きさまで拡大することができるので、一度チェックされてみることをオススメします。
洪水マップ 
我が家は、海抜30mまでは何とか持ちこたえられる地域にあります。3.11での津波の最高到達地点は40.4mだったと言われているので、千葉沖が震源地と想定して同程度の地震があった場合、頑丈な建物の4階以上に避難すれば大丈夫ということになります。

建物の高さは、マンションでいうと1階分が大体3mぐらいと考えておけば良いみたいです。まずは、何かあった場合、家や勤務先周辺ではどこが危険で、どこが安全なのかを把握しておくと良いと思います。

災害は忘れた頃にやってくると言います。何の想定も準備もせず、そのときになって初めて慌てることほど怖いことはありません。

特に、小さいお子さんやペットがいるお家では、何かあったらすぐに必要な物を持って安全な場所に避難できるようにしたいですね。

余談ですが、今から15年ほど前に勤めていた会社で、ロッカーに運動靴を常備している同僚がいました。てっきり帰りにジョギングでもしているのかと思ったら、万が一富士山が噴火したときのために、歩いて帰れるように・・・とのことでした。

そのときは、随分準備が良いんだなーと思っただけで、マネをするという考えには至りませんでした。ですが、現在も現役で働いているであろう彼女は、3.11の時、足を痛めることなく帰宅できたのではないかと思います。

また別の職場では、都内が網羅されている文庫タイプの小さなハンドマップを持ち歩いている同僚がいました。

現在はスマホで簡単に現在地と目的地のルート検索ができるので、その必要はないかもしれませんが、帰宅途中で充電が切れたり、電波障害でスマホが使用できなくなることも想定して、常備しておくのも良いかもしれません。

【Amazon】東京都版ハンドマップ 

ちなみに3.11の後、私はどちらも常備して通勤していました。震災のときは、たまたま自動車メーカーに勤めていたので車で送っていただいたのですが、自宅に着くまで8時間かかってます・・・。

今日は夫の帰りが遅いので、花ちゃんのお散歩はお休みです。
なんだって!?な花ちゃんに、お情けの1票を!!
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

   

★応援してくださる方は、↑の花ちゃんとその下2カ所を1日1回ずつクリックしていただけると、ランキングの順位が上がって更新の励みになります。同じ日に2回以上クリックしていただいても、1回分しか反映されません。いつも読んでいただいてありがとうございます!!

【広告】

犬は、どこまで人間の言葉を理解しているのか?についての考察

愛犬家のみなさま、こんにちは。

さて、今日は、長年色々な所で議論されている、犬は人間の言葉をどこまで理解しているのか?ということについて、私なりの考えをお話ししたいと思います。

2016年9月、科学誌のサイエンスに、13匹の犬にfMRIを使って脳を調べた結果、語彙とイントネーションを認識するときの反応が、人間と同じだった(情報処理に使われる脳領域が同じだった)・・・という論文が掲載されました。

2016年9月2日 Science vol.353 掲載

MRI.jpg 
つまり、犬にとって、人間の言葉は意味を持つものだし、感情を表す声の抑揚も理解しているということです。= 感情の入っていない褒め言葉は通用しないw

長年ワンコを飼っている(いた)者としては、今さら?感が否めませんが、科学的に証明されたのは、つい最近のことなんですね。

「天才!志村動物園」で有名な、動物と話ができる女性、ハイジが言うには、人間は会話しているとき、無意識に映像を思い浮かべていて、その映像から、動物にイメージが伝わることがあるんだそうです。

実は、これは私も実際に経験していて、具体的にイメージしたことが、犬に伝わるということを何となく知っていました。

昔、実家で飼っていた雑種のシロ(過去記事 → )にしつけをしていたときの話です。

シロの写真が奇跡的に手元にありました。
(当時はあまり写真を撮らなかったため、ほとんど残っていません)
シロ

シロを迎えたのは生後2ヶ月の頃でしたが、すでに今の花ちゃんと同じぐらい大きかったので、甘噛みがかなり痛かったのです。

そこで、シロは大きいから、遊びで噛んだつもりでも大変なことになるんだよ、と言って、小さい子供がシロに噛まれて血を出し、泣いている様子や、シロが保健所に連れて行かれて泣きながら私と別れる様子をイメージしながら、絶対に人を噛んじゃダメだということを、じっくり説明しました。

そのときは、状況をイメージしようと意識していたわけではなく、説明していたら、自然と具体的なイメージが湧いてきた・・・という感じだったと思います。

シロは私の目を見ながら、真剣に聞いている様子でした。

説明が終わったあと、試しに私の手をシロの口元に持って行ったところ、プイッと顔を背けたのです。

それ以降、無理やり手を口の中に入れてみても、傷つけないように舌で転がして、 上手に出すようになりました。 

当時の私は小学校卒業間近、もしくは中学生になりたてだったと思います。昔のほうが純粋だったので、犬のことがよく分かっていた気がします (´∀`*;)ゞ

花ちゃんを迎えた当初は、片手に収まるぐらいの大きさで、甘噛みなんてぜーんぜん痛くなかったので、ぬかりましたw 現在、甘噛みのターゲットになっている夫が毎日「痛いっ!!」と悲鳴を上げていますww

左はペットショップでプロが撮影した、生後 1ヶ月半頃の花ちゃん、右が現在(1歳2ヶ月)の花ちゃんです。手元の記録によると、丸2ヶ月のときの体重が1.4kgでした。現在は・・・7kg近くあります (;゚Д゚)
2ヶ月と1歳 
花ちゃんの場合、夫にしか噛まないので、本人が注意するのが一番良いのですが、夫が言っても全然止めないんですよねぇ。私がちょっと注意すると、ピタッと止めるんですけどねw

花ちゃんは、自分が夫に溺愛されていることを良く知ってるので、弄んでいるのだと思われます・・・(´_`;)

これらのことを踏まえて考えると、「犬は、どこまで人間の言葉を理解しているのか」についての私の結論は、長い文章を全て理解しているわけではないが、人間がイメージしている映像や単語、声のトーンなどから総合的に判断して、大好きな飼い主さんの言うことは、全て理解できる!!です。

なので、トレーニングをするときや叱るときは、どのようにするのが正解なのか、どうしてそれがダメなのかを、具体的な映像を思い浮かべながら説明してあげると良いかもしれません。

・・・ここまで書いて、1つ思い出したことがあるので、ちょっと長くなりますが、追記しちゃいます。

アメリカに留学していた頃、授業でこんなのがありました。クラスの1人が代表で、紙に描かれた絵を言葉で説明して、他の生徒がそれを聞いて思い浮かんだ絵を描き、最後に答え合わせをする、というものです。

私、これを当てるのも説明するのも、大得意でした。

たぶん、具体的に絵柄を強くイメージしながら説明していたし、人のイメージをキャッチする能力に長けていたのだと思います。

なので、犬に限らず、子供や友人など、年齢人種問わず、ありとあらゆる人に対しても、具体的にイメージしながら説明をする、ということは、実はとっても有効なのではないかと思います。

口ベタの人でも、相手が外国人でも、言いたいことをイメージしながら話せば、なんとなく相手に伝わるような気がします。もちろん、相手がちゃんとキャッチしようと努力している場合に限ってですけどね。

ふむふむ。なるほど・・・の花ちゃんに1クリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

   

★応援してくださる方は、↑の花ちゃんとその下2カ所を1日1回ずつクリックしていただけると、ランキングの順位が上がって更新の励みになります。同じ日に2回以上クリックしていただいても、1回分しか反映されませんのでご注意ください。いつも読んでいただいてありがとうございます!!

【広告】
離れていても、いつでも一緒。【Furboドッグカメラ】

【楽天 ペット用 救急用品 人気ランキング】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。