ミニシュナ Lovers!!

飼い主と愛犬の成長日記

カテゴリー "手術や病気のこと" の記事

事前にあらゆる想定をした結果・・・

愛犬家のみなさま、こんにちは。

今日は、前回(→ )の続きです。

と、その前に・・・
前回の記事で、ソファ下から出られなかった花ちゃん。実は、こんなやりとりがありました。

わたしが陽菜ちゃんをかわいがっていると・・・
かわいがる 

ソファ下で寝ていた花ちゃんが出てきたので、「花ちゃんもくる?」と、クッションを近づけてあげたら・・・
出てきた 

「ちょっとアンタ、そこどきなさいよ!」となり・・・
どきなさいよ! 

「やだね〜!!」と、拒否られたため・・・
やだね〜 

前回の「ちょっと、コレなんとかしてよね!」につながるというw
ちょっとー 

も〜!!ふたりともかわいいんだからぁ〜(´∀`*)

さて、陽菜ちゃんの血液検査から2週間が経ったので、再検査してもらうために週末病院へ行ってきました。

以下は、肝臓の数値を下げる「ウルソ」というお薬を2週間投与した結果です。

投与前 GPT※ 198
投与後 GPT 87

かなり下がってる!!

※現在はALTというそうですが、はなひなが通っている病院の機器ではGPTと表記されるので、それに倣っています。

先生曰く、正常値は60以下なのだそうですが、23〜89が正常値だとする獣医師監修のサイトもあったりするので、あまり神経質にならなくても良いのかな、と思っています。

ウルソは効果が無い・・・というネット情報も散見されましたが、幸い陽菜ちゃんには効果がありました。

投与前に、ウルソというのはどんな薬なのか調べてみたところ、ネガティブな情報がたくさん出てきましたが、不特定多数の方が発信できる膨大な情報を読んで、振り回されてはいけないな、とつくづく思いました。

今回の結果が悪ければ、12時間の絶食後と、食事を与えて2時間後の血液を外注に出して詳しく検査してもらい、そこでも結果が悪ければ、避妊手術の際、一緒に肝臓の一部を切り取って病理検査に出し、原因を突き止めることになっていました。

食いしん坊の陽菜ちゃんに何度も絶食させるのは可哀想なので、もし今回の結果が悪ければ、外注の血液検査はパスして避妊手術を受けてしまい、病理検査をしてもらうつもりでしたが、その必要がなくなりました。

事前にしていたあらゆる想定は、とりあえず全て想像で終わりましたヽ(´∀`)ノ

私の場合、最悪のパターンを想像して、実際にそうなったことがないので、やはり効果はあるのだと思います。その代わり、気分が沈むほど想像しきって、ここまでやったんだから、あとはどーんとこい!となるまで対策し尽くすことが大事だと思います。

そこまですれば、結果的に悪い状況になったとしても、受け入れることができると思っています。

さて、予定より少し先になってしまいましたが、陽菜ちゃんには1週間後に避妊手術を受けさせることになりました。前日までウルソを投与して臨みます。

再検査までの2週間で、残っていた乳歯がすべて抜けたので、陽菜ちゃんにとっては必要な期間だったのかもしれません。

もしかしたら、手術前にヒートが始まってしまうかもしれませんが、それはそれで、必要なことなのだと思います。ジャイアン気質が改善されるかもしれないしねwww

人生も犬生も、無駄なことは一切なし!です。

術後にも血液検査をする予定ですが、その後も定期的に検査をして、健康管理に努めたいと思います。

ちなみに、花ちゃんも一緒に検査してもらったのですが、全て正常値の健康優良児でしたw

血液検査は簡単で、悪いところがあればすぐに数値に表れるので、特に問題がなかった花ちゃんも毎年検査してもらおうと思っています。

さてさて、次は、陽菜ちゃんの避妊手術です。

花ちゃんのときの様子を詳しくブログに残しておいたのが、役立ちました。1年以上経つと、色々忘れるものですね ┐(´-`)┌

花ちゃんのときは、前日の夜10時以降は飲食禁止だったのですが、現在は、ご飯は前日の深夜12時まで、お水は当日の朝9時までOKだそうです。

ご近所のワン友さんが通っている別の病院で、近年の研究では麻酔手術の際、まったくの空腹より、少しお腹に入っていたほうが安全とされていると教えてもらったそうですが、病院を選ぶ際は、定期的に学会に出席して最新の情報を収集しているか、などもポイントにすると良いかもしれませんね。

陽菜ちゃんはちょくちょくお水を飲むほうなので、当日朝まで飲めるのは助かります。すでに術後用の子供腹巻きとスープも購入してあり、準備万端です!

過去記事
愛犬の避妊手術について〜病院選びと、事前準備編〜
愛犬の避妊手術について〜手術から抜糸まで編〜

そんなこんなで、花ちゃんも陽菜ちゃんも元気に過ごしております。
不定期更新ののんびりブログですが、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

飼い主もペットも、定期検診が大事だね!
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

   

★応援してくださる方は、↑の花ちゃんとその下2カ所を1日1回ずつクリックしていただけると、ランキングの順位が上がって更新の励みになります。同じ日に2回以上クリックしていただいても、1回分しか反映されませんのでご注意ください。いつも読んでいただいてありがとうございます!!

【楽天 ペット用 お手入れ用品 人気ランキング】
スポンサーサイト

愛犬に接種させる?混合ワクチンの必要性と、狂犬病予防注射の重要性

愛犬家のみなさま、こんにちは。

 ↓ 「あぁん!?」とでも言っているような顔ですが・・・
あぁん!? 
花さん、氷をガリガリ食べているところです。
たまたま撮った瞬間が、こんなガラの悪い顔になってましたw

花ちゃんが下に敷いているのはコレ ↓
【Amazon】

【B級品】イタリアの大理石 40cm×40cm

【楽天】
【B級品】イタリアの大理石40cm×40cm

夏の間は、夜中にクレートから出てきてこちらの上で寝ていることが多いです。クーラー効いているんですけどね・・・

B級品ですが、どこが?というぐらいきれいなお品です。レビューの評価でも同じ意見が多いので、B級品で十分だと思います。

かなり重たいので、掃除の際に毎回移動するのは大変ですが、秋冬はケージ内から出すのでもう少しの辛抱です。花ちゃんは40cm角を1枚で使っています。

さて、今日は混合ワクチンと狂犬病の予防注射の接種について、私なりに思うことを書いていきたいと思います。

花ちゃんは、生後4ヶ月までの間に計3回、混合ワクチンを受けさせました。このときはまだ最初にかかっていた動物病院で、3回目は何種にするか迷ったのですが、9種を受けさせてみました。

病院を変えることになったきっかけの話
愛犬の避妊手術について〜病院選びと、事前準備編〜

そこの先生の説明では、都会で生活するワンちゃんなら5種や7種で大丈夫だけど、山やキャンプに連れて行く予定があれば9種でも良いかもね・・・ということだったので、我が家は特にアウトドア派ではないのですが、もしかしたら夏に泊まりでどこかに行くかもしれないと思い、9種を選んだのでした。

幸い花ちゃんはアナフィラキシーやアレルギーになることもなく、その後も元気に過ごしています。

あとで知ったことですが、9種に含まれている病気は日本ではほぼ見かけないそうですが、米軍基地内では発生している事例があるそうです。なぜかというと、米軍人が連れてくるペットは、日本の検疫を受けないからなんだそうです。

ネット上で、下記の記述を見つけました。

米軍施設・区域における検疫体制

2.動物の検疫

(1)米軍が、公用の動物及び畜産物、並びに、米軍人等の私用動物を輸入する場合、米軍が検疫を実施する。

一般のアメリカ人が犬を連れて入国するときは、きちんと日本側が検疫するのに、米軍人は例外なんですね。なので、9種の混合ワクチンは、米軍基地の近くにお住まいの方以外は、それほど必要ないのではないかと思います。

花ちゃんの避妊手術をしてもらった先生に、ワクチンの接種について質問したことがあります。先生は、「受けさせたほうが良いかどうかは、なんとも言えない」と言っていました。

でも本当は、毎日お散歩で色々なワンコと接しているコであれば、それほど心配はいらないそうです。

色々なコと接していれば、それだけ感染のリスクが高まるのではないかと思っていましたが、結局ワクチンというのは、病気のウイルスや細菌を体内に取り入れて抗体を作るものなので、普段元気に外で遊び回っているようなコは、ほぼ大丈夫ということでした。

逆に一番問題なのは、普段あまり外に出ない超小型犬などで、たまに動物病院に来たときに、他のコに病気をもらってしまうことだとも教えてくれました。

実は、ワクチンを打ったからといって、必ずしも病気に感染しないというわけではなく、あくまで重傷化を防ぐためのものなんだそうです。

混合ワクチンの接種は任意のため、それぞれの飼い主の判断に委ねられています。

ただ、ドッグランやペットホテル、犬の幼稚園などを利用する場合、ワクチンの接種が義務づけられている施設が多いので、そういった所を利用するコは問答無用で受けさせなくてはいけないですよね。

花ちゃんは今まで一度だけドッグランを利用したことがありますが、後から来た男のコに追いかけまわされ全速力で逃げていたので、積極的に行くのは止めました。

有料の所ならマナーのきちんとした飼い主さんが多いだろうと思って行ったのですが、そうでもなかったです。

もしホテルや幼稚園に預けるとしたら、利用するコみんながワクチンを接種していないと、やっぱり不安になってしまうと思います。

でも今のところ、花ちゃんはそういった施設を利用する予定がないので、最後に打ったワクチンの効果が切れたとしても、接種が義務の公共施設を利用することになったとき以外は、受けさせないと思います。

一方、狂犬病の予防接種は、「狂犬病予防法」という法律で、毎年1回受けさせることが決められています。日本で生活している限り、飼い主は自分の飼い犬に受けさせるのが義務です。

稀に、予防接種を受けさせていないことを、まるで正義のように声高に宣言している方がいらっしゃいますが、私から見たら、十代の子供が「なんでタバコ吸っちゃいけないんだよ!?」と言っているのと同じに聞こえます。

ご近所にもいらっしゃるので、あまり大きな声では言えませんが・・・

本来、ルール違反は人として恥ずべきことなので、せめて、周りを巻き込まずにひっそりと違反していただきたいものです。

確かに、日本では狂犬病は長年発症していませんが、2006年に海外から帰国した旅行者が旅先で感染し、発症して死亡しています。感染すると致死率100%の恐ろしい病気です。

狂犬病は唾液中にウイルスがあるようなので、もしその旅行者が犬を飼っていて、日常的に口の周りをぺろぺろ舐めさせていたとしたら、帰国後に自分の犬にも感染させてしまっていた可能性はないのでしょうか。

狂犬病の人から動物への感染はあるのか調べてみましたが、わかりませんでした。

狂犬病が持ち込まれる可能性として真っ先に挙げられるのが、海外から輸入される動物です。もちろん検疫は受けていますが、ほとんどが14日間の検疫で済まされてしまうそうなので、狂犬病の潜伏期間を十分満たしているとは言えません。

また、ほぼすべての哺乳類に感染の危険があるということなので、前述の米軍によって連れてこられた、犬猫以外のペットも気になります。

ちなみに、日本で使用されている狂犬病のワクチンは、生ワクチンではなく不活化ワクチン(毒性のない病原体から作られたもの=安全性が高い)なのだそうです。それに対し、混合ワクチンは生ワクチン(生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもの)なんですって。

それも踏まえた上で、日本の愛犬家のみなさんには、法律には素直に従って、混合ワクチンをどうするかということで悩んでいただきたいと思います。

日々そんなことを考えている、花ちゃんママでした。

花ちゃんは、うんちの放置とタバコのポイ捨て反対!


  にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

★応援してくださる方は、↑の花ちゃんとその下2カ所を1日1回ずつクリックしていただけると、ランキングの順位が上がって更新の励みになります。同じ日に2回以上クリックしていただいても、1回分しか反映されませんのでご注意ください。いつも読んでいただいてありがとうございます!!

【広告】
 

愛犬の避妊手術について 〜手術から抜糸まで編〜

今日は、昨日の続きです。既に避妊手術を経験されている飼い主さんは、テキトーに読み飛ばしちゃって下さいね。 

いよいよ花ちゃんの手術前日、夜10時以降は飲食禁止令が出ました。お水も飲んではダメです。いつもは夜の7時頃ごはんを食べさせていましたが、翌日お腹がすくと思い、9時頃食べさせました。

8時頃に「あれ?ごはんは?」という感じで催促されましたが、おやつでごまかして、なんとか我慢してもらいました。

手術は病院が昼休みの12時〜15時の間に行われるということで、それまでなら何時でも連れてきて大丈夫と言われましたが、あまり早すぎて手術まで病院に預けられているのも可愛そうだったので、ぎりぎりの11時半ごろ着くように行きました。

初めは病院までお散歩がてら行こうと思っていましたが、のどが渇いてもお水が飲めないので車で行くことにしました。

病院に預けて、麻酔が覚める7時頃に迎えに来るよう言われ、あっけなく別れました。本当に、あまりにもあっけなくて拍子抜けしたのを覚えています。

一旦自宅に帰り、夕方6時半頃病院に迎えに行くと、すでに麻酔から覚めた花ちゃんが抱っこされてきました。まだ麻酔が効いているみたいで、とてもおとなしかったです。

先生が取り除いた卵巣を見せてくれました。親指の先っぽぐらいの小さな塊が2つ、医療用トレーに入っていて、先生が指でつんつんしながら説明してくれました。← 素手だったので、ちょっと引いたw

卵巣の他に、悪いところがあれば一緒に取り除くと聞いていましたが、特になかったようで、安心しました。

その場で用意していた腹巻き術後服を着せて、お腹が痛くないように花ちゃんをバッグに入れ、車で帰宅しました。

余談ですが、術後、家に連れて帰るときのバッグは、伏せができる余裕があるものが良いです。スリングはお腹を圧迫させてしまうので、できればトートバッグのようなものを用意してあげたほうが良いと思います。

花ちゃんのバッグはコレ ↓  
Mサイズで、今でもお出かけのとき愛用しています。

画像クリックで楽天のページへジャンプします。

花ちゃんの手術は平日で夫が同行できなかったため、私一人でも持てるこちらのバッグでお迎えに行きました。もう少し小型犬で、お手持ちのクレートでも大丈夫という方は、バッグを購入する必要はないと思います。

帰宅後、花ちゃんはすぐにおしっこをしました。麻酔薬だったようで、透明のお水のようなものを大量にしていました。もし病院が遠方で、30分以上車か電車に乗るという方は、先におしっこをさせてあげたほうがいいかもしれません。

その後、ケージに入れていたのですが、麻酔が切れたようでヒュンヒュンと鳴き出し、かわいそうなので外に出してあげました。

ソファの上でつらそうにうずくまる花ちゃん ↓
術後 

夜の9時以降はお水を100ccほどあげても良いと言われていたので、人肌に温めたお水を100cc計ってあげたところ、のどが渇いていたようで一気に飲み干しました。

その後、またおしっこを大量にしましたが、まだ麻酔薬が残っていたのか、透明でした。10時過ぎになり、前日の絶食から24時間経ったのでお腹がすいていると思い、お医者さんに言われた量を超えていましたが、事前に用意していたスープを100ccのお湯で薄め、人肌に冷ましてからあげてみました。

匂いにつられて起き上がり、花ちゃんも飲みたい様子でしたが、それより痛みのほうが強いらしく、3口ほど飲んでまたうずくまりました。さらに1時間後、バナナを薄くスライスしたものをあげてみましたが、3切れ食べてくれました。

心配だったので、その日はリビングで花ちゃんと一緒に夜を過ごしたのですが、その後、何度も寝返りを打ってはうめき声を上げる・・・を朝方まで繰り返していました。そのたびに頭を撫でてあげ、「大丈夫だよ」と言ってあげました。

花ちゃんが術後の栄養補給に飲んでいたのはコレ 


我が家は事前に情報収集していたおかげで日帰り手術を選択することができましたが、特に調べもせず最初の病院に言われるがまま入院させていたら、とても寂しい思いをさせてしまっていたと思います。

目を覚ましたら知らない場所の狭いケージに入れられているわけですし、お医者さんも一日中付き添ってくれているわけではないでしょうから、日帰り手術にして本当に良かったと思いました。

いつもは朝の7時頃までぐっすり寝ているのですが、痛みと空腹であまり寝られなかった様子だったので、6時半頃に前日と同じ100ccで薄めたスープをあげました。だいぶ痛みが治まったようで、10口ほど飲みました。

翌日から食べられそうならフードをあげて良いと言われていたのですが、まだ食べられそうになかったので、バナナのスライスをあげたところ、今度は5切れ食べました。

その後、落ち着いたのでケージに入れ、私は寝室で休みました。お昼にいつもの半分の量のフードを、栄養補給のためにお湯で薄めたスープでふやかし、やわらかくしてから食べさせました。

余ったスープも別であげると、美味しそうに飲み干しました。これで一安心です。この日はうんちも状態の良いものが出ました。

その日はケージで一日中おとなしく寝ていて、それまでの怪獣ぶりがうそのようでした。

↓ 生後4ヶ月頃の怪獣花ちゃん
怪獣 
夜ごはんはいつもの量のフードをスープでふやかし、すべて完食しました。その日の夜は鳴くこともなく、ケージでおとなしく寝ていました。

次の日の朝、動きは少しゆっくりでしたが、ケージから出て来ました。フードを少なめのスープでふやかし、普通食に戻すために半分固い状態であげましたが、ぺろりと食べていました。

夜はフードをふやかさず、いつもの状態であげました。スープがあと1食分残っていたので、フードとは別にスープだけであげました。これで5食すべて使い切りました。

この日から少しずつ怪獣ぶりが戻ってきて、次の日には手術したことなんて、すっかり忘れているみたいでした。様子を見てお散歩もして大丈夫ということだったので、術後3日目から少しずつお散歩に連れて行きました。

前回の記事でも書いた通り、腹巻き術後服は一見普通の洋服に見えるので、誰も術後だとはわからなかったようです。

中学生ぐらいの男の子が連れていたワンちゃんがお尻のほうに挨拶をしようと来たので、さすがに普段怒らない花ちゃんが怒っていました。術後だからごめんね〜と、早々に立ち去りました。

術後間もなくのお散歩は、知らないコが来たら念のため抱っこしてあげるほうが良いかもしれません。

さて、手術から1週間経ち、ようやく抜糸です。
病院で、普通のハサミでぱちぱち糸を切ってもらい、あっけなく終了。これで腹巻き術後服ともおさらばです。

こちらが抜糸後すぐの様子 ↓ 
上の黒い部分はおへそ??
術後 
こちらが半年経った現在の様子 ↓ やはり、黒い部分はおへそらしい・・・
お腹 
毛があるのでちょっとわかりづらいですが、手術跡がまったく見当たりません。
抜糸後2週間目には、もうこの状態でした。

正直、抜糸直後はこんな跡が消えるんだろうか・・・と思っていましたが、そんな心配はまったく無用でした。卵巣のみ摘出だったので、4針縫っただけで済んだのも良かったです。

そんなこんなで、花ちゃんは一度もヒートを経験することなく、無事手術を終えることができました。

来月1歳を迎える現在も、落ち着く様子はまったくなく、相変わらずのやんちゃぶり炸裂です。このまま大病をせず、天真爛漫に天寿を全うして欲しいと思います。

ちょっとはおねーさんになったもんっ!


  にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

★応援してくださる方は、↑の花ちゃんとその下2カ所を1日1回ずつクリックしていただけると、ランキングの順位が上がって更新の励みになります。同じ日に2回以上クリックしていただいても、1回分しか反映されませんのでご注意ください。いつも読んでいただいてありがとうございます!!

【広告】